トップページ
メールマガジン
最高に旨いお魚が入ったときや、「まる得アウトレット干物コーナー」の販売のお知らせをメールマガジンでお届けいたします。登録はこちらです。買い物をして下さったお客様には自動的にお届けいたしますがそれ以外の方も登録していただければお得な情報を配信いたします。もちろんメール送信の解除も可能です。

ブログを読む
2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

干物の美味しい焼き方、保存方法

干物の美味しい焼き方

干物を焼かれるとき皆さんはどのように焼かれますか? ご家庭のグリルで焼かれて、煙はモクモク、頭やしっぽを焦がされるといった経験はございませんか? それではせっかくの高級な干物もおいしさ半減してしまいます。 やはり同じ召し上がって頂くのなら美味しくて、簡単なほうが絶対いいですよね?

干物の焼き方写真

そこでフライパン使った焼き方をお奨めします。フライパンで焼かれると全体的にに火が通りますし、 クッキングシートを使われると煙も少なく、魚は引っ付かないですし、何よりお手入れ簡単!


まずはフライパンを弱火で温めて、十分に温まったら、クッキングシートをのせ、干物をのせます。 油は魚から出ますので入れなくて結構です。そこでみなさんは、焼かれる魚が冷凍されていたら解凍されますか?それとも凍ったまま焼かれますか?

解凍してから焼くと解凍する時に筋繊維がきれてしまうので、食感が悪くなってしまいます。ですから凍ったまま焼かれたほうがいいんです

干物の焼き方完成

もう一つ大切なのが皮から焼く事です。海の魚は身から川の魚は皮からとお聞きになられたことがあるかと思います。ですが、干物は皮から焼いてください。 皮をパリっと身のほうがふっくらしてきたら、ひっくり返してさっと炙る感じで焼かれると美味しく焼けます。

干物の美味しい保存方法

保存は冷凍をお奨めします。ただし弊社の作る干物は天然塩しか使用していないため冷凍されても開きが二週間、丸干しでも一ヶ月を目安に早めにお召しあがってください。 一枚ずつラップでくるみさらにアルミ箔でくるんでいただければ、より良い状態で保存していただけます。


小伊津海旬房〜山陰日本海の新鮮な干物のお店 [http://e-himonoya.net/]
お問い合わせ:kaisyunbou@izumo-net.ne.jp